nCode – DesignLife

nCode DesignLife は金属と複合材について有限要素(FE)結果を用いて危険箇所の特定と現実的な疲労寿命を計算することができる先行設計ツールです。シンプルな応力解析から一歩踏み出し、実際の負荷条件でシミュレーションを行うことで、費用のかかる設計変更をさけるとともに、設計が不足または過剰にならないようにできます。DesignLifeは仮想加振試験、溶接疲労、振動疲労、き裂進展、複合材疲労、熱機械疲労などの高度な機能を備えて います。

   

導入のメリット
  • 実試験への依存を低減し、試作のコストを削減できます。
  • CAEを用いた事前評価により、試験を効率よく迅速に実施できます。
  • 損傷を減少させることによって保証クレームを減少できます。
  • より多くの設計オプションを評価することでコストと重量を低減できます。
  • 解析プロセスの標準化によって解析の整合性と品質を向上させることができます。
  • 実試験と直接相関させることができます。

   

主要な機能
  • 多軸評価、溶接、短繊維複合材料、振動、き裂進展、熱機械疲労などの先進技術
  • ANSYS,Nastran,Abaqus,Altair OptiStruct, LSDynaなどの主要なFEA結果データを用いて疲労解析を行うための直感的でグラフィカルなインターフェース
  • 大規模な有限要素モデルや膨大な負荷条件を効率よく処理するためのマルチスレッド/分散処理機能
  • 試験とCAEを直接比較するための統一環

   

仮想ひずみゲージ
実験結果と有限要素モデルの結果を比較検証することができるオプションです。実際の測定データと直接比較することが可能で、非常に簡単に相関分析を行うことができます。

   

き裂進展
FEモデルの指定した箇所に対して、業界標準の手法を用いた破壊力学を適用することができるオプションです。nCode DesignLifeはFEモデルから構造性能を直接予測することにより、設計サイクルの初期段階で疲労のための設計変更を可能にし、試作品試験と設計コストを削減します。

   

Pythonスクリプト
Pythonスクリプトを使用して、既存の解析機能を拡張することができるオプションです。企業独自の方式または研究プロジェクトに柔軟に対応します。

   

信号処理
データの基本的な操作、解析および表示に関するGlyphWorks Fundamentalsの機能が含まれています。

   

スケジュールの作成
複数ケースを組合せ、一つの負荷サイクルを作成することができるオプションです。この機能では、直感的なインターフェースを使用することによって、完全な耐久スケジュールを簡単に作成できます。

   

マテリアルマネージャ
材料データを追加、編集およびプロットできるオプションです。一般に使用される多くの材料の疲労特性を含むデータベースも備えています。

   

応力-寿命 (SN)
応力-寿命メソッドは、主に公称応力が疲労寿命を決める高サイクル疲労(長寿命)に適用することができるオプションです。

   

ひずみ-寿命 (EN)
ひずみ-寿命メソッドは、局部的な弾塑性ひずみが疲労寿命を決める、低サイクル疲労など、広範な問題に適用することができるオプションです。

   

振動疲労
振動疲労オプションを使用すると、ランダム(PSD)、サインスイープ、サインドウェル、サインオンランダムによる加振機試験をシミュレーションできるオプションです。

   

ひずみゲージ配置

ひずみゲージ配置オプションはゲージの最適な位置と個数を計算することができるオプションです。

   

熱機械疲労
有限要素シミュレーションによる応力および温度の結果を使用する、高温疲労およびクリープに適用することができるオプションです。
スポット溶接
薄いシートのスポット溶接の疲労解析ができるオプションです。

   

シーム溶接
フィレット、オーバーラップおよびレーザー溶接を含むシーム溶接結合の疲労解析ができるオプションです。

   

接着ボンド
破壊力学に基づいた手法を使用し、構造の中でどのジョイントに最も厳しい負荷がかかるか評価することができるオプションです。
短繊維複合
グラスファイバ を充てんした熱可塑性材など、異方性材料の解析に応力-寿命手法を使用することができるオプションです。

   

複合材解析
業界標準の破壊基準に対して構造強度を評価するオプションです。評価を少数のロードケースやステップに制限するのではなく、現実的なデューティサイクル全体にわたって破壊基準評価を行い、危険な場所、負荷の組み合わせを迅速に特定することができます。

   

Dang Van
多軸疲労限度基準で、複雑な負荷条件での耐久限界を予測することができるオプションです。この解析の結果は、疲労寿命ではなく安全係数として示されます。

   

安全係数
応力に基づく安全係数の計算を可能にするオプションです。標準的な平均応力補正かユーザー定義のHaigh線図を使用して耐久性を評価します。この手法は、エンジンやパワートレインコンポーネントの主要な設計基準として広く利用されています。
プロセススレッドオプション
DesignLifeは、複数のプロセッサを備えるマシンで並行処理が可能です。プロセススレッドライセンスごとに、コアを1つ加えて使用できます。各モデルの場所での疲労計算が、実質的に独立して処理されるため、プロセススレッドを追加する拡張効果は絶大です。このオプションは、生のデータから最終結果に直接処理が進むため、時間の短縮に役立ちます。

   

分散処理オプション
分散処理オプションは、 DesignLife 計算処理をバッチモードで複数のコンピュータやコンピュータクラスタのノードに分散させることを可能にします。 ハイパフォーマンスコンピューティング環境の標準的なMPIを使用し、大規模な有限要素シミュレーションを効率的に行います。このスケーラビリティにより多くのマシンのプロセッサを結合させてジョブを高速実行することができます。

nCode DesignLife 製品紹介カタログはこちら

PDF Donwload