nCode – VibeSys

nCode VibeSys は音振試験データ解析を目的とする高性能なデータ処理システムです。一般的な信号処理に加え、回転機器の早期故障検出、音振に対する人体反応の評価、構造の動的特性の計算などに対する洗練された解析機能を備えています。VibeSys は音、快適性、法的規制という点で顧客の期待を満たし、信頼性の高い製品を設計するための使いやすいソフトウェアです。

   

導入のメリット
  • エキスパート向けの幅広い機能を備えつつ、使用頻度の低いユーザーが簡単に利用できる環境を備えているため、チーム効率を向上できます。
  • 解析処理の標準化により結果の一貫性と品質を向上できます。
  • “1クリック” で生データからレポート作成までをシームレスに行い、生産性を向上できます。
  • 様々なファイル形式の膨大なデータを容易に処理できます。
  • より高速でより意味のある回転機器の診断と故障検知により時間とコストを削減できます。

   

主要な機能
  • 回転機器、音振人体感覚、構造動特性のための実績ある解析手法
  • データ表示、基本的なデータ処理、レポート作成などの標準信号処理機能
  • 時系列分析、周波数分析、統計分析のための予め準備された処理機能群
  • ユーザーが独自の処理機能を開発するためのMATLAB

   

nCode Fundamentals
nCode Fundamentals はデータの表示、周波数分析、フィルタリング、レポート作成などの標準的なデータ処理機能を提供します。これはVibeSysの基本パッケージに含まれ、他の全ての製品オプションの前提オプションです。 * 様々なデータ形式の入出力 * 表示とレポート作成 * 周波数スペクトル (Amplitude, Power, Energy) * フィルタ (IIR, FIR) * データ区間の抽出と結合 * 統計と移動統計(尖度などの高次モーメントを含む) * リサンプリング * 単位変換 * レベル対応時間解析 * 確率密度関数 * グラフィックエディタ(インタラクティブな区間操作) * チャネル計算 * バッチ処理とインタラクティブインターフェース * 複数の解析機能をカプセル化し、保存・再利用するためのスーパーグリフ機能

   

Vibration Manager
Vibration Manager モジュールは振動仕様を入力、編集、表示するための機能を提供します。 * データベースに含まれる100以上の振動仕様。(UK DEF STAN 00-35 Part 3 Issue 4 Chapter 2-01 Annex A, USA MIL-STD-810G Method 514.6 Vibration Annex C , Civil Aircraft Standard RTCA DO-160G and the Electric Vehicle Battery Test Procedures Manual, Revision 2, Published January 1996 ) * 振動曲線をグラフィカルに比較するための最大16までの同時描画機能 * XMLファイルによるデータのインポートとエクスポート * データベースから目的の曲線を見つけるためのフィルタ

   

Rotating Machinery
Rotating Machinery は回転機器のノイズや振動問題の徴候を早期に検出し、その原因を特定するための一連の処理機能を提供します。 * パルスから速度への変換(誤差チェックや平滑化を含む) * ウォーターフォール解析(単調増減、一定、非単調の速度プロフィールに対応) * 時間領域と周波数領域での次数抽出 * 感度解析や音質評価のための次数トラッキングフィルタ * 信号再生 * 回転領域へのリサンプリング、次数スペクトル、ウォーターフォール * ウォーターフォール表示、キャンベルプロット(次数スライスを含む) * 共振カーソル、カスタムカーソル * ケプストラム(Cepstrum)解析 * 全体統計、移動統計による尖度計算 * 復調解析用のヒルベルト変換を用いたエンベロープ解析

   

Structural Dynamics
Structural Dynamics は振動モードについて機械や構造の動特性を評価する機能を提供します。 * 周波数応答関数 (FRF): ゲイン (H1, H2)、位相、コヒーレンス、オート・クロススペクトル * 線形性を確認するためのウォーターフォール * ゲインと位相で定義された伝達係数を適用するためのカスタム高速フーリエ(FFT)フィルタ * 自己相関・相互相関 * インパルス応答関数の減衰率を計算するヒルベルト変換 * 共振や減衰比を特定するためのスペクトル上の水平・垂直カーソル

   

Human Perception
Human Perception は全身の快適性や健康を評価するための標準的な処理機能を提供します。車両乗心地解析や手腕振動評価などの特別な機能を含みます。 * 周波高率やVDV(Vibration Dose Values: 8時間の総振動値)などを得るための加重RMS加速度計算 * 周騒音レベルインジケータ(LAeq, 8時間 LAeq, SEL, LAE, など) * 周オクターブバンド、分数オクターブバンドスペクトル解析(時間領域、PSD、ウォーターフォールデータから) * 周A, B, C 騒音フィルタを含む心理音響 * 周次数トラッキングフィルタと再生機能 * 周人体振動のための重み付けフィルタ(ISO 2631 and ISO 5349に対応) * 周音質メトリクスの計算(ラウドネス、シャープネス、明瞭度)

   

Modal Analysis
Modal Analysis は振動モードを特定し、モーダルパラメータを抽出するための特別な製品です。モーダルシェープのアニメーションやODS(Operation Deflection Shapes)表示も可能です。 * より正確な減衰比の適用によるFEモデルの改善 * モーダル周波数とモードシェープについての実験とFE結果の比較検証 * 動特性の観点で異なる設計間の迅速な比較 * ノイズと振動問題の不具合対策 * 損傷に起因するモーダルパラメータの変化の追跡による構造ヘルスモニタリング

   

加速試験
加速試験は計測データに基づきPSDやサインスイープ加振試験条件を作成するオプションです。試験規格の要求と既存の確認試験を比較し、コンポーネントが目標サービス寿命まで残存するか評価することもできます。確認された安全余裕度は部品の延命や予期せぬ不具合の回避に役立ちます。

   

グリフビルダー
PythonやMatlabスクリプトを使用して独自の機能やファイルフォーマットをGlyphWorksフローに追加するためのオプションです。

   

メディア表示
Windows Media Palyer を使用してビデオやオーディオを再生するオプションです。他のデータ表示とカーソルを同期させることもできます。

   

Data Cleaning
伝統的なフィルタリングに基づく従来の手法よりも先進的なデータクリーニング手法を提供するオプションです。このオプションはウェーブレットノイズ除去グリフ、カルマンフィルタグリフなどを含みます。

nCode VibeSys 製品紹介カタログはこちら

PDF Donwload