Solution - Data Processing - Details

Index

GPSを活用したデータ分析

GPS Everyware

  • GPSデータは安価に、そして容易に取得できます。
  • コネクティッドカーやドライビングアシストのイニシアチヴでは GPS データを”当り前にあるもの”として扱っています。
  • nCode GlyphWorks には ”当り前にある” GPSデータを活用するための様々な機能が用意されています。それにより、市場やPGでの車両走行データを効率的にハンドリングし、よりリッチな情報へと分析、加工することができます。

 

GPSデータの表示

  • インターネットマップに経路を表示します。
  • 他の計測チャネルとカーソルを同期できます。
  • 他のチャネルを経路のカラーマップに使用できます。
  • 他のチャネルが特定の条件を満たす区間をマップ上で確認できます。(例:車速が80km/h以上の区間をハイライト)

 

GPS選択領域に基づくデータの編集

  • マップ上でポリゴン領域を作成すると、その領域のデータを抽出できます。
  • 抽出された特定区間についての詳細な分析が可能になります。

 

GPS処理

  • GPSの基本データ(緯度、経度、標高、速度、方向)から車両の状態量(横加速度、前後加速度、ヨーレート、操舵角、エンジンパワー、ブレーキパワー、転がり抵抗,etc)を計算することができます。
  • 各仕向地におけるカスタマー利用状況を分析し、バッテリーサイズなどを検討するための情報として利用されています。

 

GPS速度

  • 車速は車両性能を計算する上で重要な情報です。
  • GPS速度は精度が高いことはわかっています。しかしGPS位置だけを計測していた場合、そのデータから速度は計算できるのでしょうか?
  • もちろん位置微分により速度は簡単に計算できます。しかし、幾つかの理由で不正確な結果になります。
    • GPSの更新に対してサンプリングが多すぎる。(同位置に多数のデータ)
    • その結果、多くの点で速度0となる。
    • また低価格のGPSロガーでは量子化効果による位置、速度、方向の誤差が大きい。
  • Glyphworksでは以下の補正処理を用いて、上記の問題を解決し高精度な速度を演算で求めることができます。
    • ダウンサンプリング
    • メジアンフィルタ
    • カルマンフィルタ

 
 

Other