Solution - Fatigue & Durability - Details

Index

試験とFEAを連携させた入力負荷の推定

FEMによる疲労寿命解析結果は、FEMで計算された応力に強く依存します。しかし、実働応力の予測に必要な、実働負荷の入手、計測が困難なケースが少なくありません。

 

nCode DesignLife では、FEモデル上の仮想ひずみゲージと実ひずみゲージを相関させ、反復計算により両者が一致するために必要な負荷波形を推定します。

 

推定された実働負荷入力を用いることで、より現実的な応力履歴を計算することができ、それにともない疲労寿命予測の精度を向上させることができます。

 
 

Other